日本語教師養成講座

日本語教師になる方法

日本国内で日本語教師となるためには、下記3つのうちいずれかが必要です。
  1. 四年制大学で日本語教育を専攻
  2. 日本語教育能力検定試験に合格する
  3. 学校、専修学校、各種学校等で420時間以上の日本語教育研修を受講する

本講座では3番目の方法「420時間以上の日本語教育研修」を提供します。

※四年制大学を卒業されていない方は、本講座受講の他に「日本語教育能力検定試験」の合格が必要となります。
「日本語教育能力検定試験」を受験される方にはヒューマンアカデミーの通信教材「日本語教育能力検定試験対策講座」がございます。
当講座とセットで申し込むと割引が適用されます。詳しくはお問い合わせください。

日本語教師養成講座

外出せずに自宅でスタートできる学び方があります。

松本国際日本語学校の日本語教師養成講座は、eラーニング(理論科目)と通学(実践科目)のブレンド授業です。
学習のスタートはeラーニングの理論科目から始めます。
eラーニングで6ヶ月(標準学習期間)自宅にいながら、オンラインでじっくりと自分のペースで学べます。外出を控えているこんな時だからこそ、繰り返し学習できるeラーニング講座で、しっかりと基礎知識をインプットできます。
eラーニング学習が終了したら、通学学習で、インプットしたことを実践していきます。

厚生労働省教育訓練給付金制度指定講座

授業料等の20が支給されます!

※一定の受給条件を満たす必要があります  ※上限10万円

本講座の特色

圧倒的学びやすさ

Eラーニングだから自分の好きな時間に好きな場所で繰り返しじっくり自分に合ったペースで理論学習が学べます。

e-learning.jpg

文化庁届出受理講座420時間カリキュラム対応

日本語教師養成講座 (eラーニングコース)

文化庁届出受理番号: R01071113034
(届出受理日:令和1年7月11日)

日本語教師養成総合講座は文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たし、届出を受理された講座です。
2017年8月1日以降、法務省告示校の教員要件のひとつとして「文化庁に届出をし、適当と認められた420時間の日本語教師養成講座の修了」が新指針として定められることとなりました。文化庁への日本語教師養成講座の届出を要件とすることで、日本語教師の質の向上と基準の統一が図られることになります。

松本国際日本語学校 日本語教師養成講座は文化庁の「日本語教員の要件として適当と認められる研修」の基準を満たし、届出を受理された講座です。
松本国際日本語学校 日本語教師養成講座を修了された方は、法務省告示校をはじめ国内外で日本語教師として働くことが可能です。

効率よく、確実に身につく!

インプットアウトプット

のカリキュラム

「いつでも、どこでも、繰り返しじっくり学べるE-ラーニング」で理論を身につけ(インプット)、「学んだ理論を定着させ、実践力に変える実技・グループワーク」で実践力を養う(アウトプット)ハイブリッド型のカリキュラムだから、日本語教師に必要な力が効率よく、確実に身につきます。

また教育実習では、本校松本国際日本語学校に通う留学生がモデルスチューデントとして、本番さながらの環境で授業を体験することができるため、より実践力の向上が見込めます。

理論学習

[いつでも、どこでも、じっくり繰り返し学べる]

E-ラーニング(映像学習)

≪科目≫
  • 日本語教育学入門
  • 日本語教授法
  • 社会・文化・地域/言語と社会
  • 言語の構造
  • 言語と心理
  • 音声・音韻/文字・表記
  • 語用論的規範
  • 日本語教育学総論

カリキュラムに占める割合

実践力養成

[学んだ理論を定着させ、実践力に変える]

実技・グループワーク

≪科目≫
  • 形態・語彙・意味
  • 日本語教育文法
  • 評価法とICT
  • 日本語教育実践1(留学生)
  • 日本語教育実践2
    (生活者・ビジネスパーソン等)
  • 日本語教育実践3(技能別指導)
     

カリキュラムに占める割合

[本番さながらの環境で授業を体験できる教育実習]

実際に当校松本国際日本語学校に通う留学生が「留学生」として、実践さながらの授業のロールプレイ

school-scene2.jpg

コース紹介

コース概要

日本語教師として総合的な力を持てるようになるためにカリキュラムが組まれています。内容は文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」、日本語教育学会認定の「日本語教育能力検定試験」の出題範囲に準拠しています。さまざまな学習者、活動分野、教科書にも対応できる力の養成を目指したコースです。

申し込み時期

10月就職と4月就職の2つのコースがあります。
eラーニングから始めるのでいつでもお申し込みができます。
仕事や家庭を両立しながら自分のペースでじっくり取り組みたい方は早めのスタートをおすすめします
※お申込みいただいた翌月の5日から始まります。

10月就職コース

10月就職コース

4月就職コース

4月就職コース 在宅学習のペースを週2コマとした場合のケースです。
週2コマ以上のペースで進捗することができれば重なる期間は短縮できます。

授業時間(実践科目、教育実習通学時)

実践科目(オンライン授業)、教育実習は通学型となります

時間 平日 火曜日、木曜日
午前クラス 9:40~12:50

※授業時間は変更する場合があります。

カリキュラム

  • ことばを教える技術を身につける 184時間
  • ことばや社会・文化についての知識を身につける 146時間
  • 周辺知識を深める 30時間~
  • 実践スキルを身につける 60時間

費用

入学金 受講料 教材費 合計金額
33,000円 495,000円 40,728円(注) 568,728円

※すべて税込み

(注)教材費は、指定書籍の変更や書籍自体の販売価格の変更等により、変動することがあります。

本講座は教育訓練給付金制度指定講座のため、一定の受給条件を満たしていれば、 上記授業料等の20%が支給されます(上限10万円)

【現在開催中のキャンペーン】

2021年3月31日まで!(※)

入学金100%OFFキャンペーン

「オンライン」による講座説明会または個別ガイダンスに参加された方が、
参加日から1週間以内に「受講申込書記入」および「学費納入」が完了した場合に、

入学金が100OFFになります!

入学金33,0000

すべて税込み

※予告なく終了する場合があります

修了後の進路サポート

本講座修了後の進路については、下記のようなサポートが行えます。

  • 当校採用制度あり
  • 国内提携先日本語学校への紹介・就職サポートあり
  • 海外提携先日本語学校及び大学、高校への紹介・就職サポートあり
  • ヒューマンアカデミーによる日本語教師求人紹介サポートあり
  • その他、日本語教師として活躍できる就職先紹介サポートあり
class-scene.jpg

ページのトップへ